幼児教育のことならおまかせ!

幼児教室とは

子どものうちから色々と学ばせることで、子供の能力を伸ばそうとするのが幼児教育です。

 

具体的には就学前の子どもが対象となります。

 

小学校に入学するまでの6年間は、その子どもの人格形成、生活習慣、知育の半分以上が決定される大切な時期です。

 

幼児教育の目的

 

  • 知育・発達・社会性などの自発的活動の向上
  • 私立の幼稚園・小学校の「お受験」
  • 運動能力の向上
  • 音楽や絵画などの芸術的な刺激
  • 世界共通言語とも言える英会話の取得

 

 

昨今、少子化、核家族化、都市化、情報化、国際化などの変化を受けて、
人々の価値観や生活スタイルが多様化しています。
しかし、地域や家族、学校における人間関係の希薄化、大人優先の社会風潮などの状況が見られます。
このような変化が、子どもが育つ環境を変化させています。
そんな中、私たち大人が幼児教育に対する知識を正確に身につければ、
たとえ子供と接する時間が少なくても、「子供が伸びる」環境を整えてあげることができるのではないでしょうか。
そんな手助けをしてくれるのが、幼児教室だと考えます。