幼児教育のことならおまかせ!

習い事

ピアノ

ピアノの習得には時間がかかるため、幼児期からの英才教育が半ば必然としてされているのが現状です。
また、音楽的な才能を伸ばすためには聴力が成長過程にある5歳程度までに英才教育を始めることが勧められており、ピアノの上達に有利だと云われる「絶対音感」を獲得するためにも、早期の英才教育が有効だという学説が有力です。
ピアノなどの音楽は、ヤマハのような教室に通う方法と、個人の先生に習う方法があります。

 

ヤマハなどでは小さい子どもと親が一緒にリトミックなどを行います。

 

個人の先生の場合は、それぞれ得意分野があるので、事前によく相談するとよいでしょう。
その他、絶対音感を身につける教室などもあり、目的に合わせて選ぶ必要があります。
いずれの場合も、親子とも苦痛にならず、楽しく通えると上達も早いでしょう。

 

水泳・体操

子どもに体力をつけるという目的で人気の高い、水泳や体操教室。
水泳の場合、子どもの喘息体質を改善するのに通うご家庭もあるようです。
(皮膚が弱いお子さんは、かかりつけの病院で確認して下さいね)

 

スイミングスクールも体操教室も種類は豊富です。
NPOなどが主催する教室もある一方で、有名選手を輩出するような、本格的な教室もあります。
後者の場合は、随時新入生を募集しているとは限らないので、事前の情報収集が重要です。

 

厳しい練習がありますが、困難に立ち向かう精神力なども養われます。