幼児教育のことならおまかせ!

早期教育

早期教育

早期教育は、脳科学や発達心理学と非常に深い関係があります。
早期教育が盛んになった背景には、脳科学の研究が急速に進み、今まで何もわかっていないと考えられていた赤ちゃんが、すさまじい勢いで脳を発達させていることがわかってきたということがあります。

脳が柔軟なうちに子供の好奇心を促進し、高い吸収能力や順応能力を持つ間に教育を開始し、脳の活性化を高めることで、子どもの脳力を最大限に引き伸ばすことができるという理念に基づいています。
将来の可能性を広げることにより、子どもの自信や自尊心を高める効果が期待できます。
また早期教育では年齢や達成度という枠にとらわれずに教育を受けさせることが出来ます。

 

注意点
しかし、まだ早期教育は実験段階であり、十分なサンプルを得た科学的な調査結果、長期に渡った研究結果が出ていません。
「学習」というよりも、「遊び・興味・関心」など五感をフルに使うような子どもならではの観点から世界を広げる必要があります。
あくまでこれから成長していく子どもですから、少なくとも可能性を潰す教育にならないように気をつけなければいけません。